より路面接地性を高める足周り造り

0
    0ここ4、5年くらい前から、サーキット走行するクルマ造りのうえで目指しているもののひとつ。


    それはより接地性の高い足回り。

    サーキットでは縁石を使って走ることがしばしばあります。
    縁石を使って走りたいけどクルマが跳ねたり挙動が乱れたりするデメリットも・・・

    そんなときはまず元気なゴムブッシュやジュラコン、ピロのブッシュで足回りをしっかりと動かしてやること。
    高級な車高調でもちぎれたブッシュでは全く活かせませんよね。



    このお話はブッシュはちゃんとしているという前提で。。。



    路面ギャップの多いストリートや縁石を使いがちなショートサーキットを走る場合、クルマがギャップで跳ねてしまったりタイヤが浮いてしまうことが良くあります。
    浮いてしまうとトラクションはかからなくなるし挙動は乱れるしとデメリットだらけ。。。
    せっかく4つもタイヤがついているのですから4本ともシッカリ使いたいですよね。




    近年はアシストスプリングを使ったセッティングにはまってます。。。
    それもスプリングの遊びをなくすためのヘルパースプリングではなく、スプリングレートのあるものをうまく使うことで縁石走破性や接地性を高めます。
    バンプストロークを計って、余っている部分をリバンプ側として使用することで、縁石走破性が飛躍的に向上させることが狙いです。
    フロントに何キロのアシストスプリングを使いリアは何キロ、そのスプリングのアシスト量をどれくらいに設定して。。。という感じです。
    スイフト、アイバッハ等、意外とアシストスプリングもレートに種類あるんですよね。
    私もクルマも何種類もとっかえひっかえテストしてきました。
    もし興味が沸いてしまったら狭山店へ。。。

    ロングストロークでしなやかな動きのするダンパー選びと、その特性をフルに活かす。
    硬いダンパーやショートストロークのものとはまた違った感覚ですが、ストリートの乗り心地もかなり良くなるので街乗りのクルマにもGOODですね♪

    1

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode