またまた、語ります。

0
    先週、文章が長いとイイネが増えたので調子に乗って今週も

    K20Aをチューニングする際、排気量アップの手法としてK24ブロックを使った2400ccや

    海外のクランクを使った2600cc、そして今回の2150キットで2150ccにする方法がメジャーなのですが

    思い切ってK24にしたら!?とお客さん、数人に言われました。

    排気量が大きいほど良いと思う方が多いのですが実は違うかったりw

    B型の話ですが

    B20Bでクランク、コンロッドをB20B純正でピストンを85パイ仕様の2000ccを作って

    ダイノパックで回していた時は7500からエンジン回転が重いのと振動が大きくなっていました。

    それでもパワーはダイノで240ps位

    B20Bでクランク、コンロッドはB18C ピストンは同じく85パイ仕様の1900ccを作って

    ダイノパックで回した時は8000までスムーズに周り振動もそんなに無く240ps位

    結果、1900仕様の方がエンジンも長持ちしました。

    今回はK型エンジンですが

    2150キットはストロークは90、7ミリ

    このストローク、お気づきの人もいるでしょう!F22Cと同じというか流用なんですよ。



    純正で8000は回るクランク、メーカーは余裕を見ていますから多少は頑張ってくれるでしょう!

    しかもコンロッドはOIL Feed加工されたコンロッド



    きちんとピストンピンに油圧がかかるのでフルフロー化しても安心です。

    よく、コンロッドをフルフローするとフリクションロスが減ると言いますが僕は気のせいと思ってます。

    圧入式でもピストンとピストンピンはフルフローですからw

    TODAの説明書にはオイルスルー化したことにより油圧が下がるのでオイルポンプで油圧をあげてください!

    と書いてありますが別のところで油圧を調整するので帳尻合うかな!?と思ってます。

    無駄に油圧が高いと油温の上昇にもつながりますしね!

    今回は排気量アップに伴いビックバルブ化もしてみようかな〜!

    完成が楽しみです!!

    こちらのブログでお披露目できないのが残念〜w

    今日は2JZでした。

    0
      今日は2JZ、噂によると凄いカムとバルタイということでしたが



      まぁ、普通でした。。。

      きっと、Vプロのデータがダメなんですよ。。。

      ついでなのと摩耗していたのでプラグも変えましたよ!

      と業務連絡的なブログですみません。

      完成までもうしばらくお待ちください。

      エンジンについて考えた。

      0
        今日はちょっとだけ長いよ〜

        K20A VTCも付いてVTECも付いてる良いエンジン

        ボアとストロークも86.0mmとバランスの良いエンジンを今回はバランスを崩そうとしています。



        今更、誰のエンジンかは説明不要でしょうw

        現在、TODA A3カム 4連スロットル 腰下はほぼノーマルで レブ9300rpm

        ピストンスピードは26.66(m/s)

        B18Cの87.2mmのストロークだと 9170rpm位のピストンスピードです。

        今回、このK20AエンジンをTODA 2150キットを使い



        ボア87.0mm ストローク 90.7mm にします。

        さて、この時のレブは幾らに設定すれば良いのでしょうか???

        まず、ピストンスピードを考えてみましょう。

        ストロークを86.0の時と同じにするなら?????

        8810rpmくらいになります。

        次に考えるのはエンジン振動です。 エンジンを回すと必ず振動が出ます。

        1次振動、2次振動と呼ばれているものです。これを打ち消すのがエンジンのバランサーシャフトの役目です。

        K20AでもCL7のアコードのエンジンには付いています。

        排気量をあげることによりエンジンのバランスが崩れ4気筒のエンジン振動回転数での

        振動が少なくなるのか、大きくなるのか?僕はここが一番重要だと思っています。

        ピストンスピードが速くなればもちろんピストンやシリンダーに負担はきますが

        エンジン振動でシリンダーが割れたり、ピストンやクランクが振ったりして

        ブローするのが1番の原因だったりします。

        4AGで回せばクランクプーリーやフライホイールのボルトが飛んでいく。。。実は振動が原因なのです。

        B型エンジンでももちろん振動は出ます。F20Cは出ないんですよ、だから純正で9000rpmまで回るんです。

        メーカーもレブの設定はピストンスピードではなくてエンジン振動だと思っています。(他にも要因はあるでしょうが)

        では、振動を無くす方法は??

        はい、僕はわかりません。しかし、少しでも振動を少なくする方法としてクランクプーリーを純正を使う!



        ここに軽量プーリーもありますが、クランクは純正を使いオルタネーターだけTODA製を使います。

        純正のクランクプーリーはダンパーが付いているので非常に良いと思っています。

        純正は重いのでパワー落ちると良く言われますがエンジン振動はエンジンのパワーをも吸収してしまいます。

        エンジン振動が出ない領域でパワーを出すエンジンを作るのが一番効率が良いエンジンと思っています。

        さてさて話は戻り、K20A 2150 A3カム 4スロ仕様 レブは何回転が良いのでしょうかね??

        帰って月9のドラマ見ながら考えますw


        チタンマフラー製作その後

        0
          昨日、サイレンサーを作り、大体のイメージをしながら布団に入りw

          本日はイメージ通りに製作です。



          中間タイコも超ロング! 
          そして本来、付かないところにもサイレンサーを付けています。
           (普通の車両はスペースはありませんので大きく加工が必要です。)

          下から見ればこんな感じ



          そして、出口にも、もう一発!!



          超静かなマフラーの完成です!

          最近、ミニサーキットなどでは音量規制が厳しいのでそれに準じたマフラーの依頼が増えてます。

          パワーは下げずに、音量は下げる!ワンオフマフラーの醍醐味ですね!

          これだけサイレンサーが付いているので重いを思われがちですがそこはチタン!
          元々付いていたマフラーがサーレンサー2個仕様で8.6キロでしたが
          今回はサイレンサー3個付いて6.6キロ2キロも軽くなりました!!

          いまだに直管マフラーが一番速いと思っている人!大間違いですよ!

          チタン仕込み中。

          0
            明日から本格製作の為、本日はサイレンサーの仕込み中です



            平板とパンチングの板から丸めて1個づつサイレンサーにしていきます。

            今回は静かなマフラーの依頼です!

            続きはまた明日。

            FRP加工&エンジン組み付け

            0
              先日の取材までにとTON号のボンネットを加工しました。



              左右のダクトは本来ボンネットの上から貼り付けるタイプですが今回は



              ボンネットの裏から貼り付けました!

              ちゃんとFRPの樹脂で貼り付けましたよw

              このダクトはエアーの出口の形状が良いので効きそうです!!

              READY GO NEXT さん製です! 

              当社でも取り扱っているので注文お待ちしています!

              フランス雑誌 AUTO WOKSの取材&ユナイテッドロイヤルズ

              0
                6日の土曜日ですがフランス雑誌 AUTO WOKSさんが来られて

                TON号のシビックを取材していただきました♪



                いろんなところを写真にとっていただきました!

                いつ発売のに載るかはわかりませんがw

                出来上がりが楽しみです!!


                そして7日の日曜日は神戸で開催されたユナイテッドロイヤルズを見学に行ってきました!!

                お客さんや知り合いなどが多く参加していました!








                こちらの車は↓いったいどこに向かっているのでしょうか?w



                サーキット以外のイベントも色々と刺激を受けて楽しいですね!!


                DC5ミッションオーバーホール

                0
                  走行中に2速が無くなったというDC5

                  ミッションの分解です。

                  案の定



                  メイン2速ギヤがなくなってます。



                  相方のカウンター2速ギヤも欠けてます。。。

                  ギヤの破片が散らばっているのでLSDも分解すると



                  プレートの内爪が割れてました。。。。



                  他のプレートも傷があるのでプレート一式交換となりました。

                  その他、ベアリング等も交換して



                  この後、組み立てて完成です!!


                  今日は天気が良いので

                  0
                    ロールバーの色塗りです。

                    中古品でちょっと錆等があったので黒に塗り直しました。



                    最近、ずっと毎週ロールバーの取り付けが続いてます。

                    作業依頼が無いときはずっと無いのに今はあと3台も予約が入っています。

                    不思議な感じです。





                    RAYS TE37SL NEWカラー

                    0
                      軽量、鍛造ホイールといえばRASYS!

                      TE37 SLに新色!

                      プレスドダブルブラックが出ましたが現在、営業さんにお願いして1本展示させてもらってます。



                      独特の色合いで綺麗です!

                      EG、EKも18インチの時代

                      ホイールが大きくなると重量になるのを軽量ホイールで少しでも重量増を防ぎましょう!

                      営業さんとの話で特殊サイズのホイールを製作しようかと?考え中です。

                      こんなサイズが欲しいといのがあれば教えてください!

                      ある程度、販売の見込みがたてば製作したいと思います♪


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode